豊来家玉之助の気の向くままに。

ならどっとFM放送中「豊来家玉之助の気の向くままに。」オフィシャルブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ブログばーん!第41回目配信!

インターネットラジオ
「豊来家玉之助の奈良今昔見聞録ブログばーん!」

第41回目の配信です。

再生する。


今回のトークのお題は「魚」でした。
特に「深海魚」やサメなどの大型の魚は水族館などで見ても、何かわくわくするものがあります。
子供心をくすぐるというか、玉之助さんに言わせればこれぞ「ロマン」なのだそうです。

では今回も番組内の補足など……。


水守さんの大好きなマグロについて。

食用魚として日本人には馴染みのあるマグロ。
縄文時代の遺跡から、マグロの骨が発掘されたこともあるそうです。

ただ、昔は現代のような冷凍技術がありませんでしたから、今のように脂の乗った「トロ」などは食用に向かず、遠洋で捕れたマグロはその場で解体され、醤油漬けにされていたとのこと。
主に赤身が高級品として扱われ、脂身は痛みが早いこともあって、なかなか庶民の口には入らなかったそうです。

今では、最近テレビでも特集が組まれていたそうなのでご覧になった方も多いと思いますが、CAS冷凍(キャス冷凍:Cells Alive System)という、磁石による磁場を利用して、対象の細胞を壊さず、過冷却による瞬間凍結の技術が実用化され、より鮮度の高い遠洋で捕れたマグロが食卓に並ぶこともあるようです。

最先端の技術の進歩が、日常の身近な食生活に変化を及ぼすのは面白いですね。

 参考URL;
  ABI : CAS とは?


また玉之助さんの大好きな鮫について。

お話の中で登場した「メガロドン」は鮫の祖先と考えていいでしょうか、すでに200万年前には絶滅したという説と、未だに生存している説、どちらもまだ明確な証拠を示すものはなく、定かではないそうです。
大きさでいうと、「ジンベイザメ」が最大の鮫と言われていますが、「メガロドン」は小型のマッコウクジラ並みの大きさだったとか。

深海に住む鮫の種類も多く、馴染みのあるものでは「アイザメ」から取れる肝油などは健康食品などとしてポピュラーなようです。
戦後、食糧事情から学校給食に肝油が出されていた話をご両親や祖父祖母から聞いたことがある方もいるかもしれませんね。


 参考URL:
  シーラカンスが釣れちゃった インドネシア
  古代魚、シーラカンスの生態

  ダイオウイカ
  1. 2008/04/10(木) 00:35:31|
  2. ネットラジオ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<来週19日は饅頭祭りだそうです | ホーム | 4月6日は第54回目の放送でした>>

コメント

鮫の先祖はクラドセラケだ。
  1. 2008/04/10(木) 03:39:47 |
  2. URL |
  3. たまのすけ #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://narakon.blog93.fc2.com/tb.php/126-5dadb442
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2カウンター

スタッフ紹介

豊来家玉之助

Author:豊来家玉之助
番組メンバーの事がもっと知りたい。
そんなあなたのために。

メインパーソナリティ
太神楽の曲芸師:豊来家玉之助
⇒たまのすけのページ

パーソナリティ&ディレクター:
水守祥吾
⇒みずもさんの徒然言事


ならどっとFM78.4MHzにて毎週日曜日夕方17時から放送中でおなじみの番組「豊来家玉之助の気の向くままに。」オフィシャルブログ。インターネットラジオ「ブログばーん!!」も毎週絶賛配信中。 再放送は毎週水曜20:00〜

最近の記事

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

お便りはこちら!

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント

リンク集

ブログ内検索

ならどっとFM78.4Mhz

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。