豊来家玉之助の気の向くままに。

ならどっとFM放送中「豊来家玉之助の気の向くままに。」オフィシャルブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ラジオドラマ【阿礼の背中】放送開始です

さてGWも終わってしまいました。お勤めの皆さま、ご旅行、休息なぞできましたでしょうか。

6日は、5月に入って最初の日曜日でした。【豊来家玉之助の奈良今昔見聞録】も6回目の放送となります。
先立ってここでもお知らせしていました、ラジオドラマ【阿礼の背中】の第1話の放送が、番組内前半でお送りされたかと思います。お聴きになって下さった方はいらっしゃいますでしょうか。是非、ご意見・ご感想などいただけると番組スタッフ一同、励みとさせていただきます。



ラジオドラマ内では、まず我々が過ごす<現代>そして「古事記」が編纂された700年代の<奈良時代>そして、語り部である稗田阿礼がつむぐ物語、<神話の時代>この3つの時代を飛び越えて、物語が進んで行きます。

第1話では、まず<現代>からスタートしました。
その登場人物を、簡単にご紹介します。

神社の春祭りに、毎年招かれて太神楽芸を披露する舞乃助さん。
その神社の宮司である藤木さん。
そして、その祭りの取材をするために舞乃助さんに同行した、新人編集者の青田さん。
3人は、雨の降りしきる中、夜の舞台までの間、室内でつかの休息をとっていました。
するとそこに訪れた、1人の高校生、静川くん。彼は、舞乃助さんの芸を見て、弟子入りをしたいとやってきたというのです。
静川くんが舞乃助さんに開口一番に言った、

『僕の先祖はアメノウズメなんです!』

この一言をきっかけに、舞台は現代から遠く遡り<奈良時代>の平城京へと移っていきます。

<奈良時代>の平城京では、これもすでにご紹介しました。
元明天皇と、その家臣である太安万侶が登場します。
そして、物語の根幹を担う語り部、稗田阿礼が太安万侶の前に現れたところで、第2話へとつづく事になります。

<現代編>で静川くんが言った「アメノウズメ」とは?そして<奈良時代編>に登場した稗田阿礼が何を語るのか。それは、またの機会に詳しくご説明できればと思います。

このブログでも、今後、ラジオドラマ【阿礼の背中】は順次、放送を追う形でバックナンバーを配信する予定です。ならどっとFM78.4Mhzはお聴きになれない地域の皆様にも、是非、ラジオドラマ【阿礼の背中】をお楽しみいただければと思います。
  1. 2007/05/07(月) 01:55:53|
  2. ネットラジオ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ブログばーん!パート6 | ホーム | ブログばーん!5>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://narakon.blog93.fc2.com/tb.php/24-a874c0e7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2カウンター

スタッフ紹介

豊来家玉之助

Author:豊来家玉之助
番組メンバーの事がもっと知りたい。
そんなあなたのために。

メインパーソナリティ
太神楽の曲芸師:豊来家玉之助
⇒たまのすけのページ

パーソナリティ&ディレクター:
水守祥吾
⇒みずもさんの徒然言事


ならどっとFM78.4MHzにて毎週日曜日夕方17時から放送中でおなじみの番組「豊来家玉之助の気の向くままに。」オフィシャルブログ。インターネットラジオ「ブログばーん!!」も毎週絶賛配信中。 再放送は毎週水曜20:00〜

最近の記事

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

お便りはこちら!

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント

リンク集

ブログ内検索

ならどっとFM78.4Mhz

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。