豊来家玉之助の気の向くままに。

ならどっとFM放送中「豊来家玉之助の気の向くままに。」オフィシャルブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

本日6月17日は第12回目の放送でした

すっかり夏日、今日も暑かったですね。
本日は、ならどっとFM78.4MHZにて17時より「豊来家玉之助の奈良今昔見聞録」第12回目放送でした。

番組前半では、ラジオドラマ【阿礼の背中】第7話をお送りしました。

今後も、番組へのご意見・ご感想をお待ちしております。
ページ右側中央のメールフォーム、または各エントリのコメントから。

お使いのメールソフトからもお送りいただけます。
以下のアドレスからよろしくお願いします。
free-f@sea.plala.or.jp


さて、ラジオドラマの<奈良時代編>で稗田阿礼によって太安万侶に語られる<神代編>その内容解説は「神産み」の途中、イザナミが亡くなってしまったトコロで止まっていますが、詳しい続きはまたの機会にご紹介できればと思います。
ネットでのバックナンバー配信が始まるころに、改めて分かりやすいように再構成する予定です。

その第1話~第4話までの補足は以下から。

 ■ラジオドラマ【阿礼の背中】について
 別天つ神五柱の神々と、神世七代の神々について
 ■イザナギ・イザナミによる「島産み(国産み)」について
 「神産み」とイザナミの死までについて


さて本日放送された【阿礼の背中】第7話の<神代編>大雑把な流れです。物語の中の主要な部分のみご紹介します。



火の神カグツチを産む際の火傷が原因で、死を迎えたイザナミ
イザナミは死の世界、黄泉の国へと姿を隠します。

妻を想うあまり、それを追って生きたまま黄泉の国へと向かったイザナギでしたが、黄泉の国での約束事を守れず結果として愛するイザナミと反目し、大岩を隔てて決定的に夫婦の袂を別ってしまいます。

その後、黄泉の国の汚れを落とす中でイザナギは3柱の神を生み出します。それが三貴神と呼ばれる、アマテラスツクヨミスサノオでした。この三柱の神は特別な神様で、イザナギも3柱の誕生を喜びました。

さて、三貴神にはイザナギからそれぞれに治めるべき役割が与えられましたが、中でも末っ子スサノオだけは父親の言うことを聞きません。
黄泉の国に居る母親、イザナミを想って泣きわめき癇癪を起こすばかりのスサノオに、イザナギは激怒。国を追い出してしまいます。

父親から勘当されたスサノオでしたが、母への想いを捨てきれず黄泉の国へと向かう事を心に決めます。

その前に、姉であるアマテラスに挨拶を済ませてから旅路に立とうとしたスサノオでしたが、アマテラスは弟スサノオの来訪を歓迎しませんでした。

スサノオが自分の治める天を脅かしにやってきたと誤解したのです。

そこでスサノオは、父との確執とその理由を訴え、姉に対して邪な他意がない事を証明するために「うけい」をしようと提案しました。


今回の【阿礼の背中】では、聞きなれない言葉があります。
「うけい」という言葉です。
これは上でご紹介したように、スサノオが自分の心の潔白を示すためにアマテラスに提案した、解決策です。

「うけい・ウケイ」とは<宇気比、誓約、祈、誓>と書きます。
字に誓い、とありますが、現代の感覚では「占い」にあたるでしょう。

この場合の「占い」とは、スサノオアマテラスがお互いの持ち物を交換し、それを元に新たな神様を産みだす事で、その誓いを立てようという意味合いがありました。


物を交換して、互いの信頼関係の証とする行為は、現代でも珍しいことではありませんね。
現代でも生活の中に残る風習などは、元をたどると神話に通じるのかもしれません。


次回の【阿礼の背中】第8話では、その「ウケイ」の結果スサノオが大変なことを引き起こし、なんと世界に危機が訪れます。

また<現代編>でも、芸人を志して舞乃助さんの元に飛び込んできた静川くんを取り巻く彼の家族環境と、お姉さんにまつわる謎が更に語られていきます。


来週の日曜日、17時からの放送も是非お聴きください。
  1. 2007/06/17(日) 20:14:18|
  2. ネットラジオ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<玉之助です。 | ホーム | ば~ん。その9.>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://narakon.blog93.fc2.com/tb.php/39-32c8a1f8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2カウンター

スタッフ紹介

豊来家玉之助

Author:豊来家玉之助
番組メンバーの事がもっと知りたい。
そんなあなたのために。

メインパーソナリティ
太神楽の曲芸師:豊来家玉之助
⇒たまのすけのページ

パーソナリティ&ディレクター:
水守祥吾
⇒みずもさんの徒然言事


ならどっとFM78.4MHzにて毎週日曜日夕方17時から放送中でおなじみの番組「豊来家玉之助の気の向くままに。」オフィシャルブログ。インターネットラジオ「ブログばーん!!」も毎週絶賛配信中。 再放送は毎週水曜20:00〜

最近の記事

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

お便りはこちら!

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント

リンク集

ブログ内検索

ならどっとFM78.4Mhz

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。