豊来家玉之助の気の向くままに。

ならどっとFM放送中「豊来家玉之助の気の向くままに。」オフィシャルブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

12月30日は今年最後・第40回目の放送でした

皆さん、すでに仕事納めも終えられ、忘年会シーズンを乗り切った時期かと思います。
今夜は除夜の鐘の音を聴きに行かれる方や、初日の出に合わせてお出かけされる方、お家でコタツに入ってゆっくり紅白歌合戦を観賞される方など様々かと思われますが、いかがお過ごしでしょうか。

やはり年末はご家族で、という方が多いと思います。
年明けは親戚の集まりがあったり、挨拶周りをしたり。
地域のつながりの豊かなところでは、お餅つきなんかもあるかもしれませんね。

今これを書いている僕も、更新を済ませたら地元に帰って最後の忘年会です。

さてさて。ならどっとFM78.4Mhzで毎週日曜日17時からお送りしております
豊来家玉之助の奈良今昔見聞録
昨日の30日は第40回目、今年最後の放送でした。
当ブログの更新も今年最後でございます。

無病息災・大願成就・五穀豊穣っ!!



第40回目でのお話は、玉之助さんの年の瀬にまつわる話。
それから、年始の「おせち料理」についての思い出などをお話されました。

仕事柄、ここ例年は玉之助さんの年末年始は舞台やお祝い事の席、野外でのイベントなどなど、お客様と一緒に過ごされることが多いそうです。
一番のかきいれ時、という事で、玉之助さん自身がゆっくり年越し・新年を迎えるのは世間的には仕事始めも過ぎた頃だとか。


さて、今では「おせち」と言ってもご家庭でお母さんやお祖母ちゃんが手ずから作られる姿は少なくなったのではないでしょうか。
昔ながらの仕出屋さんだけでなく、百貨店、ひいてはコンビニでも簡単に料理が予約ができるようになって、各家庭ごとの「おせち」も姿を消していくのは時代の流れかもしれません。

かつては、ご近所の各家庭が長屋付き合いのように横のつながりが強くありましたから、お正月のおせち料理も、具材ごとに持ち回りで料理をしたりなんて事も多かったようです。
黒豆をやわらかく煮るコツとか、栗金団、伊達巻きの味付けなど、家庭や地域ごとに異なるようです。

「おせち料理」は、「年越し蕎麦」などの年末年始にまつわる風習と同じく、江戸時代から庶民に定着した文化であるようです。
江戸時代は庶民の生活水準が大きく高まった時代でありました。
本来、お武家さんや宮中でのしきたりだった特権的なものが、いつしか少しずつ形を変えて庶民に広まり、定着することが多かったんですね。

元々は、1月1日、7日、3月3日、5月5日、7月7日、9月9日などの節目の日、神事として設けられる宴の膳がそれにあたるようです。

僕が子供の頃聞いたのは、おせち料理はお正月の人の出入りのあわただしい時期に、お母さんの負担を軽くする意味合いもあって、保存食として用意される風習である。という話だったんですが、これも時代の変化と共に後付けされた理由だそうです。

本来は、神様をお迎えする間は台所での煮炊きなどを控えて畏まるという意味合いで用意されるのが「おせち料理」なのだとか。
といっても、今は季節の縁起物というか、郷愁を感じさせる、あるとちょっと嬉しい、ぐらいの文化に落ち着いている気もします。

皆さんのご家庭では、どんな年越しを過ごされるでしょう。
また、どんなお正月を楽しまれるのでしょうか。
是非、お便りやメールでお聞かせいただければと思います。


そして番組後半の音楽紹介コーナー
【木塲孝志の平城の音情】
こちらで今回ご紹介した一曲は、坂本九さんの名曲から。


「見上げてごらん 夜の星を」
作詞:永六輔 作曲:いずみたく
歌:坂本九


前々回の第38回目放送では「上を向いて歩こう」をお送りしましたが、この曲も素晴らしく日本人になじみのある一曲だと思います。
特に、この時期に耳にするとなんだか心に染みる気がしますね。


さて。番組ではリスナーの皆さんからのお便りを切に募集しております。こんな話題についてトークして欲しい、などのアイデアや、番組上でパーソナリティの面々にやってほしい事のリクエストなど、お気軽にお送り下さい。

その宛先のご案内。


FAXは、0742-20-7840
メールは、784@nara.fm
ハガキは、〒630-8334 奈良市西新屋町43


必ず 「豊来家玉之助の奈良今昔見聞録」宛 と記名の上、お送り下さい。
番組内で反映されるのは、収録の関係上、数週間の時差が発生します。その点はご了承下さいませ。

各パーソナリティへの応援、ご要望なども募集しています。


クリスマスライブにて木塲トリオと玉之助コラボ


本年は当番組、ならびにブログをご贔屓いただきまして真にありがとうございました。
皆様も良いお年をお過ごし下さい。





  1. 2007/12/31(月) 18:14:24|
  2. ネットラジオ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<1月6日は新年一発目 通算第41回目の放送でした | ホーム | 12月23日は第39回目の「イブイブ」放送でした>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://narakon.blog93.fc2.com/tb.php/95-e7bc572e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2カウンター

スタッフ紹介

豊来家玉之助

Author:豊来家玉之助
番組メンバーの事がもっと知りたい。
そんなあなたのために。

メインパーソナリティ
太神楽の曲芸師:豊来家玉之助
⇒たまのすけのページ

パーソナリティ&ディレクター:
水守祥吾
⇒みずもさんの徒然言事


ならどっとFM78.4MHzにて毎週日曜日夕方17時から放送中でおなじみの番組「豊来家玉之助の気の向くままに。」オフィシャルブログ。インターネットラジオ「ブログばーん!!」も毎週絶賛配信中。 再放送は毎週水曜20:00〜

最近の記事

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

お便りはこちら!

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント

リンク集

ブログ内検索

ならどっとFM78.4Mhz

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。